アジの南蛮漬け完成

さっぱりまろやかな南蛮酢の秘密はオリゴ糖にあり。

揚げたての鯵を合わせ酢に浸して味を染み込ませます。

ひたひたの野菜と鯵が食欲をそそる一品。お酒の肴にも、副菜にもぴったりな一品です。

材料(2人分)

アジの南蛮漬け材料

アジ2尾
赤玉ねぎ1/2個
にんじん1/4本
片栗粉適量
サラダ油大さじ3

南蛮酢

赤唐辛子1本〜2本
カイテキオリゴ大さじ6
大さじ5
少々

作り方

①赤玉ねぎは繊維を断ち切るようにスライサーで薄切りにする。5分程度水にさらす。

アジの南蛮漬け①

②にんじんを細切り用スライサーで細く切る。玉ねぎとともに水にさらし水気を切る。

アジの南蛮漬け②

③鯵を三枚におろし、両面に塩こしょうする。

アジの南蛮漬け③

④鯵の両面に片栗粉を振る。

アジの南蛮漬け④

⑤フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、鯵を揚げ焼きにする。

アジの南蛮漬け⑤-(1)

⑥唐辛子を半分に切り、種を除き<南蛮酢>の材料を混ぜる。

アジの南蛮漬け⑥1

アジの南蛮漬け⑥2

⑧鯵が熱いうちに南蛮酢に漬ける。

アジの南蛮漬け⑧

⑨赤玉ねぎ、にんじんを加えて15分ほど置いて馴染ませる。

アジの南蛮漬け⑦

オリゴ糖を酢と合わせて使うことで、ツンとした酸味がなくなり食べやすく仕上がります。

玉ねぎ、にんじんなど、たっぷりの野菜も一緒に取れるので栄養バランスも抜群です。

ぜひお試しください。

倉田沙也加
倉田 沙也加

<フードコーディネーター・フードスペシャリスト・食生活アドバイザー>

日本大学出身。大手食品商社にて2年勤務後、フードコーディネーターとして独立。料理番組出演、料理動画サービスレシピ制作・撮影、料理記事の執筆や講師など多岐にわたり活躍。真似しやすく簡単な家庭料理のレシピ制作を得意とする。

2017年に渡星。シンガポールにて日本のお弁当レシピを開発し、異国での和食の発信に務めた。帰国と同時期に、合同会社HITOOMOI(ヒトオモイ)を創立。代表を務める。「料理で大切な人を大事にできる社会を創る」ことを目標に掲げ、活動中。

HITOOMOI instagram

オリゴ糖ランキング