元気いっぱいな善玉菌

「子供が便秘のときはオリゴ糖がいいよ」

というのは有名ですが、なぜオリゴ糖で便秘を改善できるのか、メカニズムを詳しく知っている人はあまりいません。

我が家の娘が便秘に悩んでいたときも、あまり深く考えずにオリゴ糖を飲ませていたのが本音。

でもメカニズムをきちんと理解すると、より効果的にオリゴ糖を摂ることができるようになるんです。

このページでは、なぜオリゴ糖が子供の便秘を改善するのか、そのメカニズムについて詳しく解説します。

オリゴ糖のことが気になっている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

なぜオリゴ糖は便秘に効果があるのか

オリゴ糖を食べる善玉菌

なぜオリゴ糖が便秘に効果があるのかというと、単純に言えば腸の中の善玉菌が元気になって腸内環境が整うからです。

オリゴ糖が胃や小腸で消化されることなく大腸に届くと、腸内細菌のエサとなります。

実はこのとき、善玉菌だけではなく悪玉菌も、人体にとって良くも悪くもない日和見菌もオリゴ糖を食べるのですが、活性化するのは善玉菌だけ。

そしてオリゴ糖を食べた善玉菌は、乳酸や酢酸などの酸を生み出します。

ほとんどの悪玉菌は酸に弱く、元気がなくなってしまうんです。

悪玉菌の数が減れば、悪玉菌に働きを阻害されることがなくなった善玉菌はますます元気になり、数も増えます。

オリゴ糖を摂取すると善玉菌が元気になり、悪玉菌の数が減るため、腸内環境が良くなって便秘が改善されるのです。

善玉菌が発生する酸は排便を促す

善玉菌が発生させる酸自体にも便秘改善の効果があります。

先ほどご紹介した通り、腸内の善玉菌がオリゴ糖を食べると、乳酸や酢酸・ギ酸などの酸を作ります。

さらに、これらの酸を腸内の日和見菌が食べることで、酪酸という新たな酸が生まれるんです。

日和見菌というのは、いわば中性的な立場の菌のことで、体調が良くないときには悪い働きをすることもあります。

日和見菌は健康なときはおとなしくしているが、からだが弱ったりすると腸内で悪い働きをする(日和見菌感染症の発症)菌で、代表的なものにバクテロイデス・大腸菌(無毒株)・連鎖球菌があります。

酸はもともと腸内に存在しないものなので、腸管は酸を「異物」と認識。

できるだけ早く体外へ出そうと働きだします。

酸が腸管を刺激して蠕動(ぜんどう)運動が盛んになり、さらに酸を希釈するために腸に水分が集められ、腸内のうんちは柔らかくなっていきます。

腸の動きが活発になり、うんちも柔らかくなれば、排便もしやすくなりますよね。

このように、オリゴ糖を摂取すれば便を排泄しやすい条件が整っていきます。

オリゴ糖は体の自然な反応を呼び起こし、健康的に便秘を改善する方法といえますね。

オリゴ糖の効果をアップさせるコツ

ここまでオリゴ糖が便秘を改善する仕組みについてご説明しましたが、体質によっては効果を実感しにくいことも。

実はオリゴ糖の効果を高めるためにはちょっとしたコツがあるんです。

どんな点に気をつければいいのか、詳しく見ていきましょう。

乳酸菌と一緒に摂取する

おいしそうなヨーグルト

オリゴ糖だけを摂取した場合でも、便秘改善に一定の効果は期待できます。

しかし、よりオリゴ糖の効果を強く発揮させるためには、腸の中で善玉菌として活躍してくれる乳酸菌と一緒に摂るのがおすすめ。

慢性的に便秘が続いているお子さんの場合、腸内環境が悪く、悪玉菌が優勢になっていることも。

腸内の善玉菌が極端に減っていると、オリゴ糖を摂取しても善玉菌が元気になるまで時間がかかってしまうんです。

オリゴ糖と乳酸菌を一緒に摂取すれば、より効率的に腸内環境を改善できるということです。

食品によって乳酸菌の種類は異なる

かきまぜた納豆

乳酸菌はヨーグルトや味噌、醤油、キムチ、納豆など、発酵食品に多く含まれています。

また、食品の種類により、含まれている乳酸菌の種類はさまざま。

個人の体質によって便秘に良く効く乳酸菌の種類もちがうため、できれば発酵食品をいろいろ食べてみるのがおすすめ。

毎日の朝食に味噌汁をつける、おやつはオリゴ糖入りヨーグルトなど、発酵食品を習慣的に取り入れられるようにできるとベストですね。

腸内は日々善玉菌と悪玉菌が戦っているため、毎日欠かさず乳酸菌を送り込むことで、徐々に善玉菌が優勢になってくれますよ。

腸内細菌は約1,000兆個いるらしい

腸内細菌は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌を合わせると約1,000兆個いると言われています。

「50億個の乳酸菌入り!」というヨーグルトを食べると、乳酸菌をたっぷり摂ったような気分になりますが、50億個は1000兆個のたったの0.005%。

腸内環境を一気に変えられるほどの乳酸菌を食べるのは不可能なので、毎日コツコツ続けていくことが大切。

味噌汁や納豆など、普段の食事にオリゴ糖を少し混ぜてみるだけでも、気軽に便秘改善ができるのでおすすめです。

「オリゴ糖を混ぜたら味が変わっちゃうのでは?」

「味噌汁にオリゴ糖なんて入れたらまずくなりそう」

という声もありますが、オリゴ糖そのものはほんのりと甘い程度。

砂糖と比べて半分程度の甘みしかないので、お料理の味が劇的に変わるようなことはありませんよ。

水分をたくさん摂取する

グラスに注いだ水

便秘を改善するには、水分をたくさん摂ることも大切です。

オリゴ糖が便秘を改善するメカニズムでもご紹介したように、善玉菌が発生させた酸を希釈するために、水分は必要不可欠。

水分が不足するとうんちがカチカチになって、いきむ力の弱い子供はとくに便秘改善が難しくなってしまいます。

便秘を改善したいとき、大人だと1日1.5リットルを目安に水分を摂ることが効果的といわれています。

子供に1.5リットルの水を飲ませるのはムリなので、少しずつでも水を飲む回数を多くしてみましょう。

常温の水かぬるめの白湯がおすすめ

あまりに便秘がひどいときは、朝起きてすぐ、胃の中がからっぽの状態でキンキンに冷えた水を飲むと効果があるといわれます。

冷たい水で胃腸が刺激されて、腸の動きが活発になるそうです。

ただしこのやり方は下痢を引き起こすようなメカニズムで強引に排便を促す行為。

胃腸の不安定な子供にさせることは避けましょう。

基本的には、体を冷やさないよう常温の水か白湯をゆっくり飲むのがおすすめです。

ジュースの飲み過ぎには要注意

水分ならなんでも同じだと思われがちですが、できればお茶やジュースではなく、不純物の少ない水を飲むようにしましょう。

ジュースを飲みすぎるとカロリーオーバーになってしまいますし、糖分の取り過ぎは胃腸の働きを鈍くすることがわかっています。

お茶は一見健康的に思えますが、カフェインが含まれているものには利尿作用があり、必要以上に水分を排出してしまうことも。

ただし、バナナジュースやりんごジュースには食物繊維が豊富に含まれるほか、天然のオリゴ糖も含まれています。

お茶の中でもごぼう茶やルイボスティーならカフェインが少なく、ミネラルも含まれていて善玉菌を増やす働きを期待できます。

ほかにもココアや甘酒も食物繊維が豊富で、便秘改善に効果があるといわれていますね。

味のついた飲み物は嗜好品なので飲み過ぎは禁物ですが、うまく取り入れつつ水分をたっぷり摂って子供の便秘を解消しましょう。

数種類のオリゴ糖を摂取する必要性

オリゴ糖にはいろいろな種類があることを知っていますか?

実はオリゴ糖というのは単糖が2個から10個程度結びついたものの総称で、特定の成分を表す名称ではないんです。

糖の分類表

オリゴ糖にはたくさんの種類があり、それぞれに特徴や働きもさまざま。

より効率的に便秘を解消するためには、一種類ではなく多くの種類のオリゴ糖を摂取することが大切です。

善玉菌は30種類以上存在する

相性の良いオリゴ糖と乳酸菌

オリゴ糖にいろいろな種類があるように、腸内の善玉菌も30種類以上いると言われています。

そして、善玉菌の種類によって相性の良いオリゴ糖も変わるんです。

悪玉菌を退治する働きを持つ善玉菌もいれば、腸の蠕動運動を活性化させるもの、腸が効率的に栄養を吸収するのを助けるものなど働きはさまざま。

一種類の善玉菌だけが活性化しても、便秘の改善には目立った効果がないことも。

複数種類の善玉菌をまんべんなく活性化させるためにも、複数種類のオリゴ糖を摂取することは必須といえます。

難消化性のオリゴ糖が効果的

最後にもうひとつ。

オリゴ糖を摂るときは、胃や小腸で分解されてしまう消化性の高いオリゴ糖を摂ってもあまり意味がありません。

胃や小腸で分解されてしまうと、善玉菌がいる大腸に届いたときには単糖になっていて、善玉菌のエサにならないんです。

オリゴ糖商品を選ぶときは、難消化性のオリゴ糖が複数種類含まれているということを基準に選んでみてくださいね。

オリゴ糖で子供の腸内環境を整えよう

オリゴ糖が便秘を改善するメカニズムについて、理解を深めていただけたでしょうか。

便秘薬や浣腸をつかえば、すぐに子供の便秘を改善できますが、あまり薬に頼りたくないのが本音です。

とくに浣腸は子供がものすごく嫌がります・・・

オリゴ糖ならヨーグルトなどと一緒に食べさせやすいですし、腸内環境が整えば自然にうんちを出せるようになります。

オリゴ糖は大人の便秘にも効果が期待できるので、親子で使えるのも便利ですよ。

我が家は娘がずっと便秘がちだったので、オリゴ糖は手放せなくなってしまいました。

もしお子さんの便秘に悩まれているなら、ぜひオリゴ糖を試してみてくださいね。

オリゴ糖ランキング