子どもにも食べやすいくずきりを、片栗粉で手作りしませんか?

食物繊維も含むきな粉とオリゴ糖をあわせて取ることで、腸内環境を整える力がアップします。

材料

12cm×16.5cmのバット1枚分

片栗粉大さじ1
大さじ1
オリゴのおかげ(シロップ)適量
きな粉適量

調理時間

約15分(下処理時間を除く)

アレルゲン

大豆

作り方

1.片栗粉は小さな器に分量外の水で溶き、しばらく置いておく。

2.(1)の粉が沈んだら上澄みを捨て、分量の水大さじ1を加え、バットに入れて全体に広げる。

3.バットが入るフライパンなどに湯を沸かし、バットを浮かべる。

4.すぐに半透明になり、表面が乾いたようになれば全体を湯に沈め、上面からも火を通す。

5.全体が半透明になれば取り出し、水をかけて冷まし、バットに水を入れた状態でゆっくりとはがし、取り出す。

6.(5)をまな板にとり、細く切る。

7.器に盛り、きなこ、オリゴのおかげをかけて完成。

大豆にアレルギーのある子供さんの場合は、きな粉のかわりに食物繊維も豊富なバナナはいかがでしょうか。

片栗粉でつくるくずきりは、分厚く作るととても弾力があります。

特に小さな子供さんが食べる場合はのどに詰まらせないように薄く作り、長めに火を通して小さく切ってあげてくださいね。

Atelier Heartsease主宰みほ
Atelier Heartsease主宰 みほ

調理師・国際中医薬膳管理師・フードライター

企業のメニュー開発・食育活動ののち、「ママは家庭の食医」をモットーに、大阪市内で薬膳・発酵をテーマにした料理教室を主宰。

オリゴ糖ランキング