QuestionMark

オリゴ糖に関するよくある質問をこのページにまとめています。

オリゴ糖について気になることがありましたら、ぜひチェックしてみてください。

このページで見つからない質問がありましたら、お問い合わせページよりお気軽にご連絡くださいませ。

随時内容をアップデートしていきます。

オリゴ糖の摂取方法に関する質問

加熱すると効果が落ちたりしませんか?
オリゴ糖は熱や酸に強いので、加熱しても問題ありません。コーヒーやホットミルクに入れて飲むのもおすすめです。ただし、長時間加熱すると一部が果糖などに変わってしまう可能性があります。肉じゃがやカレーなど、じっくり煮込む料理に使うのはあまりおすすめできません。
オリゴ糖は食前に飲んだほうが効果があるの?
オリゴ糖はいつ食べても効果に大きな差はでないとされています。強いていえば、乳酸菌を含む食事をとった後は、オリゴ糖の効果を実感しやすくなります。
オリゴ糖を一度にたくさん摂取したほうがいいの?
いいえ、少しずつ回数を増やしていくほうが効果的です。一度にたくさんオリゴ糖を摂取すると、お腹を下してしまう可能性があります。腸内環境は日々変化するため、コツコツ継続することがなによりも大切です。
オリゴ糖を食べ過ぎると太りませんか?
一般的な砂糖と比べてカロリーが低く、GI値も低いため、太りにくい甘味料といえます。ダイエット目的で砂糖の代用品としてオリゴ糖を使っている人もいますよ。
薬と一緒に飲んでも大丈夫ですか?
オリゴ糖はあくまで食品なので、薬と一緒に摂取しても問題ないといわれています。念のため事前にかかりつけの医師に相談されることをおすすめします。

オリゴ糖の摂取量に関する質問

1日の摂取量の目安はどれくらいですか?
お子さんにオリゴ糖をあげるときは、まずは1日1グラムからはじめてみてください。生後6ヶ月以上のお子さんなら、一般的に2〜3グラムまでなら問題ないといわれます。体質によって最適な量は異なるため、様子を見ながら調整してみてください。

オリゴ糖の副作用に関する質問

オリゴ糖に副作用はないの?
オリゴ糖はあくまで食品なので、薬のような副作用は基本的にありません。ただし、一度に大量に摂取するとお腹を下してしまう可能性があります。小さなお子さんにあげるときは、少しずつ量を調整してあげてください。
アレルギー体質でも食べられるの?
乳アレルギーのお子さんは要注意です。牛乳を原料とするガラクトオリゴ糖や乳果オリゴ糖は避けたほうがいいでしょう。大豆やトウモロコシにアレルギーがある場合も、かかりつけの医師とよく相談の上で判断してください。

大人のオリゴ糖摂取に関する質問

妊娠中でもオリゴ糖は摂取できる?
まったく問題ありません。オリゴ糖はあくまで食品なので、お腹の赤ちゃんにも安心です。妊娠中は便秘になりやすいため、オリゴ糖で腸内環境を整えるのはとても効果的です。
授乳中もオリゴ糖を摂取して大丈夫?
授乳中の摂取も問題ありません。日々の育児に追われて、便秘になってしまう人もいるため、オリゴ糖で腸内環境を整えましょう。
高齢者でもオリゴ糖を摂取して大丈夫?
高齢者の方も安心して食べられます。ただし、高齢の方は腸の働きが弱っている可能性もあるため、少しずつ試してみることをおすすめします。

オリゴ糖の保存方法に関する質問

オリゴ糖の賞味期限はどれくらいですか?
ほとんどのオリゴ糖は長期保存が可能です。商品によって差はあるものの、きちんと保存すれば1年以上持ちます。とはいえ、できるだけ数ヶ月以内に使い切るようにしましょう。
どうやって保存するのがいいんですか?
シロップタイプのオリゴ糖は固まってしまう可能性があるため、常温保存がおすすめです。粉末タイプのオリゴ糖は冷蔵庫で保存しましょう。水分を吸って固まりやすいため、きちんと密封することが大切です。開封したまま室内で放置していると、虫がよってきてしまう可能性もあるため気をつけてください。
オリゴ糖ランキング