便秘に悩まされたうちの娘

ママ、うんち出る!

といわれてから、出るまで1時間以上かかるのは日常茶飯事。

3歳になる娘は、ずっと便秘に悩まされていました。

「子供は3日に1回以上出るのが普通」といわれるものの、うんちが出るのは週に1〜2回。

少ないときだと週1回しか出ないことも。

このサイトは、娘の便秘と戦い続けた我が家の記録でもあります。

同じようにお子さんの便秘に悩んでいる方へ、少しでも力になれればとサイトを立ち上げました。

便秘の原因や改善策について、かかりつけのお医者さんをはじめ、医師が監修された書籍・文献から学んだことを、できるだけわかりやすくお伝えします。

便秘気味のお子さんがいらっしゃる親御さんは、ぜひご覧くださいね。

うんちは週に1回で常に便秘気味

コロコロのうんち

お子さんは週に何回うんちをしていますか?

うちの娘は週に1回、多くても2回という日がずっと続いていました。

すんなり出てくれればいいものの、うんちを出すのに30分〜1時間以上かかるんです。

また、おしっこはトイレでできるのに、うんちとなるとトイレを断固拒否。

おむつをつけながら、部屋の隅っこで「ウーン・・・ウーン・・・」とずっとうなっています。

ツラそうな表情で気張っている姿をみると、なんとかしてあげたくなりますが、こればかりはどうにもできないんですよね。

お尻が痛くていつも泣いてしまう

なかなかうんちがでないときは、ついに泣き出してしまいます。

うんちがカチカチになっていて、お尻が切れてしまうんです。

ようやくうんちを出せて、おしりを拭くときも「痛い!痛い!」とギャン泣き。

でもうんちがたっぷりついているお尻をそのままにするわけにもいきませんから、手際よく拭かないといけません。

おむつに放たれたブツを確認してみると、それはまぁカッチカチ。

カチカチに固まったウンチ

この小さいからだから、よくもこんなに大きいうんちが出てくるものだと感心してしまいます。

あまりに大きくて固いうんちが出たときは、トイレが詰まってしまうことも・・・

おむつの上からうんちの形を長細く整えて、流すようにしていました。

便秘改善のために試したこと

このままじゃまずい・・・! とスマホで調べたり、ママ友に教えてもらったり、便秘に効果がありそうなものは何でも試しました。

どんなことに挑戦したのか、振り返ってみます。

水分をあまり摂りたがらない

グラスに注いだ水

便秘には水分補給! ということで、ことあるごとにお茶や水を飲ませようとするんですが、これが飲んでくれない。

ご飯やお菓子を食べたあとも、ちょこっとしか飲まないんです。

ジュースを上げたときも、あまり飲んでくれなくて。

「お水をたくさん飲まないと、うんちカチカチになるよ!」

と伝えても、ガブガブとたくさん飲んでくれることはありません。

最低限の水分補給しかしてくれないので、便秘が改善することもなく・・・

好きなもの以外食べてくれない

ごぼう

便秘改善のためには食物繊維だ! と思って晩御飯のおかずをいろいろと工夫もしてみました。

でもうちの娘、野菜全般が大キライ。

ときどき気まぐれのように「トマトおいしい!」と言いだすんですが、気分が向かないとひとくちも食べてくれません。

ひじきやほうれんそう、ごぼうなどを食べさせようと料理を工夫してみるものの、イマイチ食べてくれない。

ハンバーグなどに練り込んでしまえば、パクパクと食べてくれますが、それではほとんど効果がなくて。

お菓子やアイスは食べるのに・・・と悔しい思いをたくさんしました。

オートミールはひとくちでギブアップ

ダイエットにも効果があると、名前だけは知っていたオートミール。

食物繊維たっぷりで便秘にもいいよ!

と友人から教えてもらい、はじめて買ってみたんですが大失敗。

大人の私が食べてもおいしいとは言えませんでした・・・案の定、娘もほとんど食べてくれず。

味つけを工夫すれば、洋風の雑炊みたいな料理はできましたけど、日本人の口に合うものではないですね・・・

乳酸菌やビフィズス菌の摂取

おいしそうなヨーグルト

食物繊維がダメなら乳酸菌だ! とビフィズス菌がたっぷりのヨーグルトや、乳酸菌飲料も試してみました。

近所のスーパーで売っているダノンやブルガリアヨーグルトなど、3時のおやつは毎日ヨーグルト。

スーパーで売ってるヤクルトも「おいしい!」と飲んでくれるのですが、うんちの頻度はほとんど変わらず・・・

子供も毎日食べているとさすがに飽きてくるみたいで、「もうヨーグルトいや!」と拒否するように。

あとで知ったことですが、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌って腸まで届きにくいそうですね。

腸に届くことなく息絶える乳酸菌

胃で消化・分解されてしまうため、生きて腸に届くのはごく僅か。

整腸作用を期待するなら大量にヨーグルトを食べないとダメと教わりました。

ビオフェルミンも試してみた

ビオフェルミンS

こうなったら薬の力を借りよう! ということで、子供も飲めると評判の新ビオフェルミンSを試してみました。

ただ、薬となるとどうしても嫌がるうちの娘。

ビオフェルミンはほとんど味がないので、「苦くないよ!」と伝えても、一度でも薬と認識してしまうと口にしてくれない・・・

結局、ほとんど使われることなく棚の奥へ行ってしまいました。

浣腸や座薬は泣きわめいて断固拒否

お尻に座薬をさすイメージ図

いろいろ試してみたものの、週1〜2回の頻度は変わらず。

そろそろ病院で浣腸をもらわないといけないかな・・・と覚悟を決めました。

うちの娘、過去に高熱を出したときに座薬を入れたことがあるんですが、ものすごい勢いで嫌がったんです。

そりゃお尻から薬を入れられるのなんてイヤですよね。

赤ちゃんのときならまだしも、3歳児のお尻に薬を入れるのは至難の業。

浣腸や座薬はあくまで最終手段として、もうひと踏ん張りあがいてみることにしたんです。

便秘対策でオリゴ糖を試したらスッキリ

我が家にあるオリゴ糖商品

そこで試してみたのがオリゴ糖です。

「なんだかお腹に良さそう」

というぼんやりとしたイメージは持っていましたが、今まで一度も買ったことはありませんでした。

「これでダメならお医者さんで座薬をもらうしかない・・・」

と、藁にもすがる思いで手を伸ばしてみたところ、これがアタリでした。

いろんなオリゴ糖を試してみたところ、今では使い切れないほどのオリゴ糖が自宅に常備されています。

とくに効果を実感できたオリゴ糖を、いくつかピックアップしてご紹介します。

カイテキオリゴ

カイテキオリゴ

日本で一番売れているというキャッチコピーを見て、思わず買ってしまいました。

口コミや評判も良いことが多く書かれていましたが、我が家でも効果を実感できました。

サラッとした粉末タイプのオリゴ糖で、ヨーグルトやアイスにまぜても味が変わりません。

使いやすくておすすめですよ。

くるポン タブレット

くるポンタブレット

お菓子感覚でポリポリ食べられる、タブレットタイプのオリゴ糖。

粉末のオリゴ糖はヨーグルトなどに混ぜないとダメですが、これはそのまま食べられます。

大人が食べてもおいしいと思える味で、好き嫌いの多いうちの娘も喜んで食べてくれています。

歯が生え揃っていない子供には食べさせられませんが、3歳の長女にはぴったりです。

オリゴのおかげ ダブルサポート

オリゴのおかげ

スーパーで見かけることの多い、オリゴのおかげの粉末タイプ。

1日分ずつ小分けされていて、その都度計量する必要がないのですごく使いやすいです。

カバンに2〜3本入れておけば、急な外食でも忘れずにオリゴ糖を摂取できますよ。

やさしい甘みで、豆乳や牛乳に混ぜると子供が喜びます。

エンジェルオリゴ

エンジェルオリゴ

こちらもスティックタイプのオリゴ糖で、複数のオリゴ糖と漢方の成分がブレンドされた珍しい商品。

スキンケア商品を販売する会社が手がけたオリゴ糖で、美肌効果も期待できます。

オリゴ糖による整腸作用に加えて、漢方の成分によるリラックス効果も期待できるので、子育てでイライラしがちなママにもおすすめ。

ほんのり甘みを感じられる程度なので、ヨーグルトに混ぜるときは加糖タイプを選びましょう。

期待はずれだったシロップ

「わざわざ通販で買わなくても、オリゴ糖なんてスーパーで買えるでしょ?」

と思われた方もいるのではないでしょうか。

おっしゃるとおりで、スーパーの砂糖売り場を探してみるとシロップタイプのオリゴ糖がいろいろ販売されています。

私も一番最初に手を出したのは、近所のスーパーで見つけたオリゴ糖のシロップでした。

ただ、2週間ほど試してみたものの、効果はほとんど感じられなかったんです。

加藤美蜂園本舗 北海道てんさいオリゴ

この失敗から学んだことを整理すると以下のとおり。

  • シロップはオリゴ糖の含有率が低い
  • オリゴ糖といっても実は20種類以上ある
  • どのオリゴ糖が効くかは人それぞれちがう
  • 添加物が入っているシロップもある

スーパーで買ったオリゴ糖の成分表を見てみると、たしかにオリゴ糖は1種類しか入っておらず、しかもオリゴ糖の含有率はたったの10%程度しかなかったんです。

通販限定の商品は複数のオリゴ糖がブレンドされているものが多く、余計な添加物も入っていないので安心して使えました。

オリゴ糖で週2〜3回はうんちが出るように

柔らかく健康的なウンチ

オリゴ糖をコツコツ飲み続けて、今では週に2〜3回はうんちが出るようになりました。

1日1回とはいきませんが、便秘に苦しみ続けた娘を見ていた私からすると大きな進歩です。

1時間近くかかっていたうんちも、ものの数分ですんなり出てくれます。

おむつでしかできなかったうんちもトイレでできるようになって、幼稚園のトイレでもうんちができるようになったみたい。

いろいろと苦労しただけあって、スムーズにうんちをできるようになった娘の成長がなによりもうれしいです。

これからも娘の便秘が悪化しないように、日々の食生活などに気をつけながら努力を続けていきます。

便秘気味のママもオリゴ糖でスッキリ

便秘気味の母親

ちなみに・・・私も毎日うんちが出るわけではなくて、娘に食べさせるついでに自分もオリゴ糖をこまめに摂取してみました。

紅茶やコーヒーに混ぜてみたり、朝食のヨーグルトにかけてみたり、意識的にオリゴ糖を摂取していたら、テンポよく出るようになってきました。

2日に1回出ればOKくらいに考えていましたが、今はコンスタントに1日1回お通じがきます。

腸内環境が整うと肌の調子も良くなるといいますが、たしかに最近は化粧のノリが良くなってきたような・・・

いつまでも健康でいるためにも、オリゴ糖をうまく活用しながら娘と一緒に過ごす日々を楽しもうと思います。

オリゴ糖ランキング